化粧品選びは自分のお肌と相談

基礎化粧品は沢山付けると逆効果に

お肌の調子を整えてくれる役割のある基礎化粧品ですが、ただ単に沢山付ければ良いというものでもありません。
また、化粧品メーカーによっては、ブースター、化粧水、乳液、美容液、デイクリームにナイトクリーム、パック等々、非常に多くのラインナップがあるものもあります。「色々と揃っているのなら、出来るだけ多くの種類を付けたほうがいいに決まってる!」と思うかもしれませんが、実は過度なケアは逆効果になることも。
あれもこれもとベタベタとお肌につけるということは、それだけ肌への摩擦も増えるということ。お肌は摩擦のダメージにとても弱いのです。
それに本来お肌には、皮脂という天然のクリームがありますし、外部のダメージからお肌を守る天然のバリア機能が備わっています。色々と基礎化粧品を付けすぎることで、逆にお肌本来が持つ力が失われてしまうこともあるのです。大事なのは、色々とあるラインナップの中から自分に合ったものを選んで使うということ。ベタつきが気になるのであれば乳液とクリームは両方付けるのではなくどちらかにする、お肌の調子を見て化粧水のタイプをさっぱり、しっとりから選ぶなど、フレキシブルに対応できればベストですね。

基礎化粧品のおすすめの揃え方

毎日のスキンケアで使いたい、基本的な化粧アイテムを基礎化粧品と言います。一般的に含まれるアイテムをあげるとクレンジング、洗顔剤、化粧水、乳液、美容液、クリームなどになります。これに加えてスペシャルなスキンケアアイテムとしてよく利用されるのはパック、マッサージクリームなどがあります。
それぞれのアイテムごとに機能性が違うため、基礎化粧品は一通り揃えて使うのがおすすめです。化粧水は肌に水分を与えるのに役立ち、乳液は油分の補給と保湿に役立ちます。美容液は肌に有効な成分がたっぷり含まれており、クリームはしっかり保湿してくれます。これらをライン使いすることで、健やかな肌が保ちやすいのです。
それぞれのアイテムは別々の化粧品メーカーで揃えても問題ありませんが、同じメーカーの同じラインで揃える方法も有効的です。また基礎化粧品は肌質に合わせて選ぶことがポイントで、そのためには自分の肌質を知っておくことが大切です。例えば肌が乾燥しやすい人は保湿にポイントをおいた基礎化粧品を揃えれば、より良い肌作りに役立ちます。
また肌が敏感な人であれば、敏感肌に特化した刺激が少ない化粧品で揃えるのがおすすめです。自分の肌質で悩みがある人は、特に基礎化粧品選びに気を配って揃えていきましょう。

「化粧水・乳液・クリーム・美容液・パック・化粧下地・ブライトニング」7つの機能を備えてます。 皮膚と同じ性質のセラムは、角質層まで浸透し、長時間うるおいキープします! 期待していたゲルに不満のある方は、ゲルのイメージがきっと変わります。 商品の定期コースの購入はいつでも休止が可能なため、無理せず続けることができます。 どの化粧品を使用すればいいかわからない方はこちら

TOPICS

  • 正しいスキンケアをして肌のトラブルを未然に防ぐ

    基礎化粧品選びはお肌に合ったものを 化粧水や乳液などの基礎化粧品は、お肌に潤いを与えてターンオ…

    » 続きはコチラ

  • 肌は約一ヶ月のサイクルで生まれ変わる

    基礎化粧品とは具体的に何か 基礎化粧品をつかっている女性は数多くいると思います。基礎化粧品とは…

    » 続きはコチラ

  • トライアルキットで一旦おためし

    年齢にあった基礎化粧品でケアをする大切さ 年齢を重ねるごとに失われていく成分は、若い頃に使って…

    » 続きはコチラ

  • 美容液を複数使う時はお店の専門スタッフに相談してみましょう

    基礎化粧品は同じ会社でそろえるのがポイント みなさんはどのような基礎化粧品を使っていますか。基…

    » 続きはコチラ